HOME > お知らせ > オススメ記事 > 染料インクと顔料インクって何が違うの?

染料インクと顔料インクって何が違うの?

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • google+でシェア

2016.07.20#コラム

顔料インクと染料インクの違いって何?

インクジェットプリンターを購入の際にまず考えること

染料インクプリンター

顔料インクプリンター

どちらにするべきか…という点です。

※どちらもインクをノズルから吐き出して用紙に付着させる仕組み自体は同じです。

 

染料インク

染料インクはインクを用紙に染み込ませる

・色の再現性が高い。

・光沢や発色がよい。

・インクが乾いて色が安定するまでに時間がかかる。

・印刷速度が速く、日常的な使い勝手や多様性を重視している。

[主な用途]

印刷用の校正や屋内に掲示するポスターなど 

顔料インク

顔料インクはインクを用紙に付着させる

・耐久性に優れている。

・光にさらされても色あせにくい。

・乾くのが早いため、色が安定しやすい

・雨や湿気に強く、滲みにくい。

[主な用途]

外で配布するものには最適。ポスティング用チラシや配布用チラシなど。

その他インクの種類

高溶剤(リアルソルベント)系顔料インク 

顔料インクの一種。

インク成分を有機溶剤で分散させているため高い耐候性を発揮しますが、取り扱いが非常に難しく、特別な排気装置の設置や免許が必要となります。

強烈な臭いを発し、作業者の人体や環境へ影響することもあるので、あまりおススメはできません。

エコソルベント系顔料インク 

シクロヘキサノン非含有。

発色面・耐候性ともに現在最も注目されているインクといえます。

鮮やかな発色と屋外耐候性3年という強靭さを発揮する上、受理層のないノンコートの塩ビ系メディア(用紙)にも対応できるので、コストダウンも実現。

屋外サインやディスプレイ、懸垂幕など幅広い用途で活用されています。

昇華転写インク

転写用のメディアにプリントした後、熱と圧力を加えることでポリエステル繊維の分子構造に入り込み着色します。

布製のTシャツやノボリなどに加え、マグカップやタイル、バッグなどさまざまなグッズにも転写できます。

UV硬化型顔料インク

UVインクは、インクジェットプリンター用のインクとしては最も新しい技術のインクといえます。

ヘッドから射出されてメディアに付着した後、強い紫外線を照射することで硬化させメディアに定着させる顔料系インクです。

 

など、細かく分けると様々なインクがございます。 染料インク・顔料インクが主に使用されるので、ご希望の用途に合わせて購入してみてはいかがでしょうか!

また、スリホでは様々なインクジェット機種が刷り放題の定額制!

何枚印刷しても大丈夫!

是非、一度お問い合わせくださいませ。

————————————————————————–

フルカラー定額制レンタルプリンタースリホ

〒169-0072

東京都新宿区大久保2-5-23新宿辻ビル10階

TEL0120-951-536/FAX03-5961-3035

————————————————————————–

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • google+でシェア

電話でのご相談はこちら

0120-951-536

営業時間10:00〜18:00(土日祝日除く)

ページトップ