HOME > お知らせ > オススメ記事 > コピー機のリースとレンタルの違いって?

コピー機のリースとレンタルの違いって?

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア

2017.06.21#コラム

コピー機を新規導入する際や入れ替えるタイミングで「リースとレンタルは何が違って、どっちが得なんだろう?」と悩んだ経験はありますでしょうか。
コピー機を導入する際には「リース」「レンタル」「購入」などの選択肢がありますが、ここでは「リース」と「レンタル」の違いについてご紹介します。
 

コピー機のリース契約とレンタルの違い

 

契約期間の違い

「レンタル」の場合、レンタル会社が契約期間を定めることができるため、会社によって異なります。
「リース」は使用可能期間(法定耐用年数など)の70%以上と定められているため、最低でも3年以上となっており、途中解約などは一切できません。つまり、契約期間中に使用中止した場合、残りの費用を全額支払う必要がありますので、導入前にしっかり検討しなければなりません。
 

契約時の審査の違い

「リース」の場合には厳しい審査があり、導入までに多少時間がかかってしまう場合があります。
「レンタル」はリースのような厳しい審査はほとんどありません。
 

印刷コストの違い

「リース」の場合、印刷コストはリース料金+カウンター料金が発生することがほとんどです。
いわゆる課金制になります。
「レンタル」の場合、印刷枚数の上限があるケースもありますが、定額制が多いです。
 

それぞれのメリットから検討しましょう

リースのメリット

■最新機種を安く導入できること
■初期費用が掛からないこと
■盗難などの補償が受けられること

 

レンタルのメリット

■短期での利用が可能なこと
■中途解約ができること
■導入スピードが速いこと

このほかにも細かい違いはいろいろあります。
レンタル会社によっても価格や契約期間などは異なります。
様々な観点から検討することがポイントです。
 

——————————————————————–
〒169-0072
東京都新宿区大久保2-5-23新宿辻ビル10階
TEL0120-951-536/FAX03-5961-3035
——————————————————————–
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア

電話でのご相談はこちら

0120-951-536

営業時間10:00〜18:00(土日祝日除く)

ページトップ