HOME > お知らせ > コラム > デザインにおける黄金比とは?

デザインにおける黄金比とは?

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア

2019.06.19#コラム

 

デザインにおける黄金比とは?

一度は耳にしたことある黄金比。一体何なのでしょうか?

簡単にいうと1:1.618(正確には1:(1+√5) / 2)

人間がもっとも美しいと感じる数学的比率のことです。

世の中に存在するものの多くは、この黄金比が用いられており、デザイナーも無意識にこの比率を意識して制作しています。

さて黄金比を用いてデザインをより良くするためには、どのように使えば良いのでしょうか?

目次

こんなものに使われている黄金比。

身近にあるものを見て、美しいと感じたことがありませんか?

それは黄金比である可能性が高いです。

たとえば、

トランプ・キャッシュカードにもこの比率が用いられています。

美しく感じるかは微妙なところですが、

普段違和感なく使っていると思います。その違和感が生まれないように黄金比で構成されています。

その他にも

企業ロゴ、モナリザの顔、パリの凱旋門、紙のサイズなどなど。

様々なものに黄金比は用いられています。

人間の感覚なのに、数字で表現できてしまうことに神秘を感じますね。

  

デザインにも黄金比は使われています。

どのようにデザインに使われているのか、

スリホの公式キャラクター「スリホマン」で検証してみます。

顔と体の比率が黄金比で構成されています。

スリホマンに限らずですが、世の中の有名キャラクターをみると、

その多くが黄金比で構成されています。

テンプレートでかんたん黄金比。

アドスリホのデザインテンプレートにも、黄金比が用いられているものが数多くあります。

簡単に選ぶコツはレイアウトの比率です。

・写真と文字の配置比率。

・写真の配置比率

この2点をおさえて探すだけ。

 

上記を参考に選べば、誰でも簡単に黄金比を用いたデザインが完成します。

ぜひアドスリホをご利用して見てはいかがでしょうか。

 

▼こちらからテンプレートページを閲覧できます。

▼スリホの詳しい内容はこちら

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア

電話でのご相談はこちら

0120-951-536

営業時間10:00〜18:00(土日祝日除く)

ページトップ