HOME > お知らせ > コラム > 手差しってなに?両面印刷やハガキ印刷もおてのもの!

手差しってなに?両面印刷やハガキ印刷もおてのもの!

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア

2019.06.17#コラム

 

手差しってなに?両面印刷やハガキ印刷もおてのもの!

普段プリンターを使用していて

両面に印刷する時ってどうするの?

コピー用紙以外に印刷ってできないの?

…といったことを考えたことはありませんか。

様々なことができるプリンターが近頃増えてきましたが

新調するにはコスト面が心配なところ。

そこで、とっても便利な「手差し印刷」をご紹介します!。

目次

手差しってなに?

プリンターの側面に、折りたたみ式のトレイを

見たことはありませんか?

主にプリンターの向かって左側側面についています。

トレイを広げると、用紙がセットできるようになっており、

A3サイズまでセット可能なプリンターが多いです。

普段、紙をセットする際はプリンター下部にある

引き出し式の用紙トレイにセットしますが、

コピー用紙以外の紙をセットすると紙詰まりが起きてしまう可能性があります

そこで「手差し」を活用することで

今まで以上にプリンターの活用方法が広がります!

両面印刷や厚紙にも印刷が可能となり、

手差しの活用次第で、今まで印刷会社に依頼していたコストが

大きく削減できるかもしれません!

 

手差しの活用次第で、今まで印刷会社に依頼していたコストが

大きく削減できるかもしれません!

両面印刷がおてのもの!

企画書やプレゼン用資料では両面印刷されていることが多いです。

「手差し」を利用すれば両面印刷が可能!

印字されていない面を上に向けて、手差しトレイに紙をセット。

パソコンから出力設定で「手差し」と「サイズ」を設定して

プリントしたら完了です!

一度に全枚数印刷するのではなく

初回はテストも含めて、1枚だけ印刷して

ズレがないか、または上下逆になっていないかなどを

確かめることをオススメします。

また手差しに紙をセットする際は

全ての紙が同じ方向に揃っているか確認をしましょう。

 

コピー用紙以外の紙もおてのもの!

高級感をだすために厚紙に印刷することがあります。

主に不動産のチラシや、パンフレットも厚紙に印刷されていますね。

特別感を演出するために厚紙印刷はかかせません。

手差しを活用することで、厚紙にも印刷可能です。

印刷方法は両面印刷時と同じく、

手差しトレイに紙をセットしてパソコンの出力設定で

「サイズ」と「用紙の種類」を設定したら完了です。

A3サイズの厚紙だと、二つ折りにしたら

パンフレットの出来上がり。

コストもグッと抑えて、質の高い印刷物の完成です。

またハガキにも印刷が可能です!

挨拶状や年賀状などもいつものプリンターで印刷が可能なんです。

手差しの活用次第で、制作物の範囲が広がり

コスト面においても大きく削減する可能性があります。

ぜひ手差しを活用してみてはいかがでしょうか。

スリホでコストをさらに削減

印刷コストをさらに抑えるなら

定額制「スリホ」をご紹介します。

なんと驚きの初期費用0円。

しかもカウント料金(印刷枚数による課金)が0円のため

コスト管理の不安も解消。

印刷コストも削減できて安心してお得に

プリンターを利用する事が出来るのです。

上記でご紹介させていただいた書類関連や企画書など

枚数が多いものほどコストに差が出ます。

スリホを契約して、コストをグッと抑えることが

可能となります!

 

▼スリホの詳しい内容はこちら

https://suriho.co.jp/whats/

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア

電話でのご相談はこちら

0120-951-536

営業時間10:00〜18:00(土日祝日除く)

ページトップ