HOME > お知らせ > コラム > 新入社員向け!便利なプリンター使用方法!

新入社員向け!便利なプリンター使用方法!

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア

2019.04.17#コラム

 

新入社員向け!便利なプリンター使用方法!

企業に勤めると使用することが多いプリンター。

コピーやFAXなど、毎日お世話になる仕事のパートナーです。

せっかく使用するなら、効率的に使用したいですね。

この記事ではプリンターを効率的に活用する方法を

ご紹介いたします。

目次

大量コピーの手順を少なくするには?

プレゼンや会議資料のための大量コピー。

印刷スピードが向上している最新プリンターでも

手間をかけてしまっては時間が勿体無いですね。

コピーの基本的動作としては

 

①プリンターの蓋をあける

②原稿を設置する

③蓋を閉じる

④「コピー」ボタンを押す。

⑤蓋を開ける

⑥原稿を取り出す

 

上記のやり方では時間がかかってしまいます

そこで、プリンターの蓋に紙をセットしてコピーしましょう。

枚数を入力して、コピーボタンを押すだけで簡単に印刷完了です。

蓋の開け閉めの必要がないため時間短縮につながります。

ぜひ活用してみてください。

 

 

両面印刷の方法

用紙トレイを開けて、コピーした紙を再セットをして

印刷をしたことがある方いらっしゃると思います。

しかし上下逆だったり、裏面ではなく印字面に

更に印刷されてしまったり。

紙詰まりの原因にもなってしまい、プリンターの負担も大きいです。

両面印刷には「手差し」を使用します。

 

プリンター側面に折りたたみできる、手差しトレイがあります。

トレイを倒し、印字したい面を上に向けてセット。

手差し出力したら両面印刷の完了です。

手差し出力は両面印刷だけではなく

通常の用紙トレイにはセットできない

厚紙やハガキサイズの紙などに印字することが可能です。

両面印刷は主に会議の資料や企画書が挙げられます。

枚数が多いほど効率的に進行したいものです。

 

印刷だけでなく、制作も効率的に進めたいですね。

そんなお役立ちコラムもあります!

 

パワポで資料制作してない? 社内資料には無駄が多すぎる!

https://suriho.co.jp/column/3688/

 

紙詰まりを起こしにくくするためには

忙しい時にかぎって起きる紙詰まり。

プリンターへの負担もあり、故障の原因にもなってしまうため

紙詰まりの原因はできるだけ取り除きたいところです。

 

①用紙トレイに紙を入れすぎない。

枚数が多すぎると、印刷する際に

プリンター内部で余計な紙を吸い込んでしまい

紙詰まりが起こりやすくなります。

面倒だからといって、一度に大量の紙をセットするのも

紙詰まりの原因となってしまいます。

 

②用紙トレイの紙はまっすぐにセットする。

曲がったままセットしてしまうと

プリンターがうまく紙を吸引できず

紙詰まりを起こしてしまう可能性があります。

枚数が多いほど、曲がりやすいため、

数回に分けてセットする事をお勧めいたします。

プリンターのちょっとした使い方の違いで

大きな時間の短縮につながるはずです。

レンタルプリンター「スリホ」で刷り放題

日本の企業の9割はプリンターを使用しており、

その大半がリース契約です。

レンタルならコストも抑えられ、サポートも充実。

新年度とともにプリンターも低コストで高品質なものに

切り替えてみてはいかがでしょうか。

 

そこでご紹介するのが定額制「スリホ」です。

驚きの初期費用0円。

しかもカウント料金(印刷枚数による課金)が0円のため

コスト管理の不安も解消。

印刷コストも削減できて安心してお得に

プリンターを利用する事が出来るのです。

上記でご紹介させていただいた書類関連や企画書など

枚数が多いものほどコストに差が出ます。

スリホを契約して、コストをグッと抑えることが

可能となります!

 

▼スリホの詳しい内容はこちら

https://suriho.co.jp/whats/

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア

電話でのご相談はこちら

0120-951-536

営業時間10:00〜18:00(土日祝日除く)

ページトップ