HOME > お知らせ > コラム > チラシで集客するために必要な費用は?

チラシで集客するために必要な費用は?

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • google+でシェア

2019.01.10#コラム

チラシで集客するために必要な費用は?

広告の中で、業種問わず幅広く利用している広告媒体「チラシ」

新聞折込、ポスティング、手配りなど使い方も色々。

そこで気になるのは費用。

せっかく作るのであれば相場は知っておきたいところですね。

チラシのデザインを依頼するところから、エンドユーザーへ届くまで、

一体何に、いくらかかるのでしょうか。

目次

デザイン料金

まずはデザイン料金です。

詳しくはこちらの記事でご説明しておりますが、

A4サイズのチラシでオリジナルデザインを制作する場合

片面のみ:20,000 ~ 30,000円

両面で:30,000 ~ 40,000円

といったところでしょうか。

上記はあくまでも目安の金額ですので、デザイン会社によっては

これから紹介する内容で金額が変わってくる場合があります。

・掲載する写真やイラスト、地図を書き起こす

使用する写真・素材によってはプロの写真家、イラストレーターから

素材を購入する必要の場合があるため、デザイン料金が変わる可能性があります。

地図も詳細な内容だったり、またはイラストやCGを使用してでの内容でも

料金が変わってきます。

・テンプレートデザインの使用

すでに既存のデザインがある場合は

完全オリジナルデザインに比べてリーズナブルになる場合が多いです。

デザインを選べるので完成イメージが予想しやすい事がメリットです。

・修正回数

修正回数に制限があり、上限を超えると料金が発生する場合があり、

また予想していたデザインイメージと異なり、

作り直して欲しい場合なども同じく料金が発生する場合があります。

 

印刷料金

デザインが完成したら次は印刷ですよね。

紙のサイズ、厚さ、種類、枚数、納期によって金額が変わってきます。

デザイン会社によっては印刷費を含めた料金で

見積もりをするところもありますが、

今ではオンラインでデータを入稿して、

手軽に印刷依頼ができるサイトが増えてきました。

大手プリント企業では

A4チラシ片面(コート90キロ)1000部

2,000 ~ 5,000円となっております。

では印刷依頼する際のポイントは

・サイズ

新聞折込で例えた場合、最も多いサイズがB4。

半分に折りたたまれている大きなサイズB3。

(大手スーパーのセールなどが多いですね)

さらに大きいB2サイズもあります

(年始初売りのチラシによく見ます)

そして新聞折込以外にも、ポスティング、街頭配布にも最適な

コンパクトなA4サイズが代表的なサイズです。

・種類(厚さ)

主にコート紙(光沢感があって発色が良い)

マット紙(光沢を抑えることで落ち着いた雰囲気)の2種類があります。

写真を綺麗に明るく見せたい場合はコート紙。

落ち着いた色合いにすることで高級感を出したい場合まマット紙。

といった感じでしょうか。

先ほどご紹介した

大手企業 A4チラシ片面(コート90キロ)1000部

コート90キロとは紙の厚さを表しています。

数値が大きいほど厚くなっていきます。

 

 

チラシの種類とその費用

基本となる料金やポイントをご紹介してきましたが

チラシには様々な使い方があり、かかる費用についても様々です。

大切なのは用途によって使い分けることで

コストを抑えて効果を最大限に生かすことにあります。

▼こちらの記事も参考にどうぞ!

ざっくり知りたい!チラシの配布方法とその費用。

実はこの「チラシのデザイン費」と「印刷費」を

極限まで節約することのできる神サービスをご存知ですか?

定額制のレンタルプリンター「スリホ」をご契約中のお客様なら

プロデザイナーが制作したデザインテンプレートが0円で利用可能!!

カスタマイズも自由自在!!

その名も「アドスリホ」。

 

▼「アドスリホ!」の詳しい内容はコチラ。

https://suriho.co.jp/adsuriho/

ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • google+でシェア

電話でのご相談はこちら

0120-951-536

営業時間10:00〜18:00(土日祝日除く)

ページトップ