HOME > お知らせ > コラム > プリンターは企業機密の宝庫!?データを消去する方法は?

プリンターは企業機密の宝庫!?データを消去する方法は?

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • google+でシェア

2018.10.09#スリホ

プリンターは企業機密の宝庫!?データを消去する方法とは?

 

普段お仕事でプリンターを使用する方、多いと思います。

「ただパソコンから印刷しているだけ」「コピーをしているだけ」

そう思っているあなた。危険です。

何気なく使用しているプリンターですが、実はとても重要なデータの宝庫になっていることをご存知でしょうか?

現在使用しているプリンターを手放す際、情報漏洩には十分に気を付けなければいけません。

便利であるがゆえに発生する、恐ろしいリスクをご紹介いたします。

 

目次

便利であるがゆえに発生する、恐ろしいリスクをご紹介いたします。

|プリンターに残るデータとはどのようなものか

一般的に複合機と呼ばれるものは、メモリーやハードディスクを搭載しており、

内部に情報が保存され、必要な時に情報を引き出して使用されます。

 

■例えばコピーやパソコンから印刷した場合

ハードディスクの中に印刷データが記録されます。

コンビニ等でコピーした際に出てくる「データを消去しています」というメッセージは、まさにそのデータを削除しているのです。

不特定多数の人が使用する複合機なので、要件が終わるたびにデータを削除して情報漏洩を防いでいるのです。

 

■例えばFAXを使用していた場合

複合機の昨日の一つであるFAXを送信する場合、登録されたFAX番号と名前を使用していませんか?

ディスプレイにも表示されるので、簡単に情報漏洩のきっかけになってしまいます。

 

■例えばスキャナーを使用していた場合

なにかの契約や申込みのとき、免許証や保険証、または履歴書などをスキャンする事って意外と多いですよね。

もちろん「スキャンしたデータは蓄積される」ため、個人情報の漏洩リスクが非常に高くなります。

 

|考えられるリスク

プリンターには重要顧客や取引先の番号が登録されており、万が一これが流出してしまった場合、大切なお客様に直接FAXが届いてしまったり、連携しているサーバーからIPアドレスが漏洩し、遠隔からの乗っ取りリスクなども生じます。

自社だけではなく、大切なお客様にも大きな迷惑がかかってしまい、今まで築き上げてきた信頼関係を大きく損ないます。

そのような事態に陥ることのないよう、プリンターを手放す際には個人情報保護のための対策が必要です。

電源を切るだけでなく、蓄積されたデータを確実に消去する方法を下記の記事でご紹介しています。

 

▼複合機のデータを消去する方法はコチラ

https://suriho.co.jp/column/2777/

 

|スリホのプリンターならアフターサポートが万全

そんな中、安心してプリンターを使用できるのが定額制レンタルプリンター「スリホ」のアフターサポート。

スピード対応、スピード解決。

「ネット問題」「PCの問題」「機械の問題」などさまざまなトラブルも原因を追求し徹底的にサポートしてくれます。

プリンターを手放す際にもアフターサポートに相談することで情報漏洩のリスク回避が可能です。

 

▼アフターサポートについてはコチラ

https://surio.co.jp/support/

▼スリホの詳しい内容はこちら

https://suriho.co.jp/whats/

現在使用しているプリンターから新しいプリンターに切り替える際は

しっかりと蓄積データを初期化し、安全な状態で引き渡しをしましょう。

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • google+でシェア

電話でのご相談はこちら

0120-951-536

営業時間10:00〜18:00(土日祝日除く)

ページトップ