HOME > お知らせ > コラム > 知っておきたい!レーザーとインクジェットの豆知識

知っておきたい!レーザーとインクジェットの豆知識

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • google+でシェア

2018.08.02#コラム


インクジェットとレーザー

PCで作った資料や企画書や報告書…
これらをプリンターで印刷する機会はとても多いですよね。

企業などで多く使われているのは「インクジェットタイプ」と
「レーザータイプ」の2種類のプリンターです。

それぞれの特徴について、皆様はどのくらいご存知でしょうか?
今回はこの2種類のプリンターについて、メリットとデメリットを
含めた違いをご紹介いたします。

|目次

  1. 印刷のしくみ
  2. メリット
  3. デメリット
  4. スリホなら・・・!

|印刷のしくみ

■インクジェットプリンター
粒子化したインクを直接用紙に噴き付けて印刷をするプリンターです。

■レーザープリンター
感光体(ドラム:用紙にトナーを転写させる筒)にレーザーを使って
印刷イメージを描き、トナーを用紙に押し付けて印刷するプリンターです。

|メリット

■インクジェットプリンター
色の再現性が高いので繊細な写真等の印刷に適しています。
普通紙を使って印刷すると滲んでしまう場合がありますので、
適切な用紙を選ぶ必要があります。

■レーザープリンター
インクジェットと比較して、1つのトナーで多くの枚数を印刷することができます。
加えて、印刷スピードも速いので、大量の部数を印刷することに適していると言えるでしょう。
さらに普通紙を使っても色が滲まないこと、トナーの定着が強く耐久性が高いことも大きな魅力です。

|デメリット

■インクジェットプリンター
印刷にかかる時間が長く、定期的にヘッドクリーニングが必要です。
インクカートリッジが小さいためインク交換や給紙の頻度が高く、
レーザープリンターに比べ手間がかかります。

■レーザープリンター
トナーや感光体の価格が高く、インクジェットプリンターより
本体サイズが大きいため場所をとってしまいます。

資料や企画書を大量に印刷することの多い企業では、
レーザープリンターのスピードと耐久性は非常に魅力的ですね。
でもトナーなどの消耗品のコストが気になるところ・・・

しかし、ご安心ください!

|スリホなら…!

定額制プリンターの「スリホ」なら、レーザープリンターのデメリットである、
トナーや感光体等の消耗品コストが0円です。
定額料金にはカウント料金やリース代も含まれていますので、経費削減も期待できます。

・滲みにくいのでグラフや小さな文字の多い企画書などの印刷に適している
・印刷スピードが速いので大量に印刷できる

このようなメリットを活かせる「スリホ」のレーザープリンターなら、会社の強い味方になれるはず。

会社によって違う利用シーンに応じて、さまざまなプランをご用意しておりますので、
より適したプリンターを選択してください。是非一度お問い合わせを。

スリホ

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • google+でシェア

電話でのご相談はこちら

0120-951-536

営業時間10:00〜18:00(土日祝日除く)

ページトップ