HOME > お知らせ > コラム > インクジェットプリンターの目詰まりは自分で対応できる?!

インクジェットプリンターの目詰まりは自分で対応できる?!

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア

2018.05.14#プリンター

インクジェットプリンターの目詰まりは自分で対応できる?!簡単な対処法とは?!

プリンターを指さす女性

インクジェットプリンターが詰まったときの簡単な対処法は、ヘッドクリーニングを行い、改善されなければノズルの洗浄を試すことです。

また、予防法として長い期間放置しないことや定期的なメンテナンスも大切です。

長らく使用していなかったインクジェットプリンター。いざ使用しようとした際にうまく印刷されないという現象は珍しいことではありません。

簡単な対応方法ではありますが、冷静に対処することで、改善を図ることも可能です。

そのためにはどんな原因が考えられるかを知っておくことが必要です。また、問題が起こらないように普段から気を付けておくことも大切ですので、万が一の場合や対応方法をみていきましょう。

 

目次

  1. そもそも目詰まりってなに?
  2. 目詰まりしたらこれで解消!
  3. ヘッドクリーナーでも治らない場合はほこりが原因かも
  4. 目詰まりさせないために普段から気を付けること

そもそも目詰まりってなに?

まずは前提として目詰まりについて説明します。

「乾燥して固まったインクがボールペンの先に詰まってしまい書けなくなった……。」

そんな経験はありませんか?実はプリンターでも、同じことが起こり得るのです。プリンターには「プリントヘッド」というパーツがあり、ここがボールペンのボールに当たる部分になります。乾燥が起きるということは「空気が触れやすい場所」ということです。 インクジェットタイプのプリンターに使用されるインクの水分は時間とともに蒸発していき、ボールペンのインクと同じように乾燥していきます。乾燥したインクは塊となり、噴射される穴に詰まります。

このような現象を「目詰まり」といいます。

 

目詰まりしたらこれで解消!

目詰まりを回避するための代表的な方法は、プリンターを長い期間放置しないよう定期的にメンテナンスを行うことです。

長く使用していなかったインクジェットプリンターは、いざ使おうと思った時に正常に印刷できないことがほとんどです。そんなときにお手軽なメンテナンスが、ヘッドクリーニング。やり方は機種によって様々なので、取扱説明書をご確認ください。

 

ヘッドクリーナーでも直らない場合はほこりが原因かも

ヘッドクリーニングをしても改善されない場合には、ほこりが原因の可能性があります。ノズルの部分に乾燥したインクやほこりなどの不純物が詰まることがあり、ヘッドクリーニングを繰り返しても根本的な原因を取り除くまで綺麗に印刷することができません。

また、メーカーからも回数指定があるように何回も試すと、かえって症状を悪化させて故障の原因となることがあります。インクも多く消費しますし、3回程度繰り返して改善されなければ、ヘッド部分の洗浄を試してみましょう。カートリッジを取り外してノズル部分に、お湯または水を含ませた綿棒などでインクやほこりを取り除くと改善される場合があります。よく乾燥させた後に、再度ヘッドクリーニングを行うことで復活する可能性は高くなります。

 

目詰まりさせないために普段から気を付けること

目詰まりを防ぐためには、テスト印刷やクリーニングでメンテナンスを行いましょう。

プリンターのドライバをインストールしてポートを確認しておいてください。ケーブルの接続によって自動で行われるタイプもありますが、どこにあるか確認しておくと万が一の場合にも対処しやすくなります。

ポートを確認する手順ですが、Windows10の場合、スタートメニューの歯車アイコンをクリックしてデバイスを選択、使用プリンターのプロパティを選んで、ポートタブから追加や削除が可能です。

ユーティリティタブでは、クリーニングやノズルチェックパターン印刷、プリンター状態の確認などが行えます。メンテナンスによく使用する項目です。

 

インクジェットプリンターを長い間放置してしまうと、乾燥やほこりによって目詰まりを起こしやすくなります。1番簡単な予防策としては、たまに試し刷りを行ってインクの通り道を確保して、問題が起きた場合にもすぐに対処することです。

 

以上、ここでは インクジェットプリンターにおける目詰まりの対応について見てきました。

大抵の場合は、ノズルを洗浄することでインクジェットプリンターの詰まりは改善できるでしょう。中には目詰まりに対処するためのプリントヘッド用の洗浄液が販売されていることがあります。水やお湯で改善できない場合には、試してみる価値はあります。

ただ、どの改善方法でも少なからずプリンターへの負担がかかることを忘れてはいけません。

最善の方法は、普段から目詰まりを起こさないように放置せずに、定期的なクリーニングを心がけることです。

 

レンタルプリンタースリホの紹介

 

スリホならこんな時も安心!
規定本数内のトナー・インクには追加料金が一切かからないだけでなく、

メンテナンス料金に関しても一切かかりません。

それが定額制レンタルプリンター「スリホ」です。

安心の全国対応(沖縄・離島に関しては別途ご相談)していますので

当社のスタッフが皆さまの悩みを解決いたします。

 

▼アフターサポートについてはコチラ

スリホのアフターサポート

 

▼スリホの詳しい内容はこちら

スリホの詳しい情報

 

——————————————————————–
フルカラー定額制レンタルプリンタースリホ
スリホFacebookページ
〒169-0072
東京都新宿区大久保2-5-23新宿辻ビル10階
TEL0120-951-536/FAX03-5961-3035
——————————————————————–

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア

ページトップ