HOME > お知らせ > コラム > 社内の電話を固定電話から社用個人携帯に変更するメリット

社内の電話を固定電話から社用個人携帯に変更するメリット

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア

2018.04.24#コラム

社内の電話を固定電話から社用個人携帯に変更するメリット

社用携帯

目次

  1. はじめに
  2. 固定電話を使うことのメリット・デメリット
  3. 社用携帯電話に変更することのメリット・デメリット
  4. まとめ

はじめに

社内の電話を固定電話から社用の携帯電話に変更するメリットは、いつでもどこでも連絡することが出来る体制を整え、スマートフォンの機能を利用してビジネスチャンスを広げ経費削減に繋げられる点にあります。

社内の固定電話を社用の携帯電話にするメリットはどのような点にあるのでしょうか。現在では携帯電話の普及が凄まじく固定電話のみ使っていることはほとんどありませんが、携帯電話を持つことの意義や固定電話を利用する意義についてしっかりと認識している人はあまりいないと考えられます。ここでは両者の良い点と悪い点について考えます。

固定電話を使うことのメリット・デメリット

固定電話がない会社というのはあまりしっかりしていないと思われる傾向があります。固定電話を持つことによるメリットは、オフィスにきちんとした固定電話があるしっかりした会社であることを印象付けるというメリットが存在します。また、それに伴って電話帳や公式ホームページに固定電話の番号を記載することが出来るようになり、広く多くの人が安心して電話をかけることの出来る環境が整います。固定電話があることで個人ではなく、何人かがその会社にいることが想定され、信頼されやすくなるなどのメリットが考えられます。携帯電話がいくら普及しても固定回線のない会社は小さい規模であるか、あまり信用のおけない会社であると想定されてしまうデメリットは避けた方が無難です。反対に固定電話を持つことのデメリットは維持コストがかかる点です。

社用携帯電話に変更することのメリット・デメリット

社用の携帯電話に変更することのメリットは、出先であってもクライアントや企業に連絡することが容易に出来る点をあげることが出来ます。時間や場所をあまり気にすることなく、連絡する体制を整えることができるのは大きいメリットです。また、それだけでなく現在の携帯電話には多くの機能がついており、インターネットにアクセスしてビジネスに便利なクラウドサービスを利用したり、取引に必要な情報をいつでも収集することも可能としています。現在のスマートフォンなどは、非常に機能が充実しており、スマートフォンに必要と思われる業務用のアプリをインストールしておけば、それを利用して移動中であっても仕事が出来ます。ビジネスチャンスを広げられるという大きなメリットがあります。さらに、それに伴って、経費削減に資することにもつながっています。

まとめ

固定電話にも信用や安定性を確保するメリットがあるのおで、全ての回線を経費削減などの目的で解約してしまうことはあまりお勧めできません。小規模な企業であったとしても最低でも一つの固定回線は必要だと考えられます。携帯電話に変更することで連絡をスムーズにするだけでなく、ビジネスチャンスを広げることが可能です。また、経費削減の目的に沿う可能性があることも考慮に入れるべきと考えられます。

——————————————————————–
〒169-0072
東京都新宿区大久保2-5-23新宿辻ビル10階
TEL0120-951-536/FAX03-5961-3035
——————————————————————–
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア

電話でのご相談はこちら

0120-951-536

営業時間10:00〜18:00(土日祝日除く)

ページトップ