HOME > お知らせ > コラム > トナーは何からできているのか?

トナーは何からできているのか?

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア

2016.11.08#コラム

コピー機のトナーは一体何からできているのか?!

こちらが普段何気なく利用しているコピー機のトナー。このトナーは一体何からできているのかご存知でしょうか?

そもそもトナーとは?

トナー・・・5~8ミクロン(1ミクロンは1ミリの1000分の1の長さ)という非常に小さな粒状でできているものなのです。

その主な材料は色々な役目をもった粒子の混ざった透明の樹脂

この樹脂も含めてコピー機のトナーに使用されている。ではトナーに使われる代表的な材料を簡単にご紹介します。

 

◆透明な樹脂・・・プラスチック 樹脂は熱で溶けやすい。”定着”の際に加える熱で溶かしてトナーの色成分が紙とくっついて接着材の役割をする

(樹脂の中には顔料やワックスなど様々な材料が混ざっている)

◆顔料・・・ワックストナーに色をつけるために”顔料”という小さい頃よく使っている絵具にも使われているます!

絵具のさまざまな色も顔料でつくられた色です

他にもプラスチック、コピーの印刷のインク、塗料、化粧品 様々な場所で使われています

 

ちなみにカラーコピー機は黄色の顔料赤紫の顔料水色の顔料、黒色の顔料 この四色を樹脂の中に混ぜてトナーを作っています!

 

————————————————————————–

フルカラー定額制レンタルプリンタースリホ

〒169-0072

東京都新宿区大久保2-5-23新宿辻ビル10階

TEL0120-951-536/FAX03-5961-3035

————————————————————————–

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア

電話でのご相談はこちら

0120-951-536

営業時間10:00〜18:00(土日祝日除く)

ページトップ