HOME > お知らせ > スリホコラム > 裏紙印刷はコピー機の寿命が短くなる・・・

裏紙印刷はコピー機の寿命が短くなる・・・


≪裏紙を使用するとコピー機の寿命が短くなる・・・??≫

印刷をかける際、コピー用紙節約のため裏紙を使うことがあると思います。
節約には良いのですが、コピー機に負担をかける可能性があるのです

今回は裏紙を使用した場合のデメリットについてご紹介したいと思います

複合機は熱と圧力により印刷用紙に印刷しています
少し詳しくご説明すると、複合機のトナーを数百度の高温で溶かします。illust2015
(定着器は高温なので触れないよう注意が必要)

溶かされたトナーをドラム(感光体)にレーザーでくっつけた後
用紙とドラムを圧力でくっつけて印刷内容を印字していきます

その作業の際使用した裏紙にインクがついていると
ローラーやドラムにインクが付着してしまいます


付着したことによりおきてしまうトラブル
・ドラムが汚れてしまい用紙が汚くなる
・紙づまりがおきやすくなる
※悪くなると印刷ができなる場合がある


裏紙を使用は節約には良い。ですが故障で修理が必要に
なってしまったり買い替えが必要となった時のことを
考えると裏紙使用しないよりもコストの削減になる場合があります。


使用する用紙に注意すれば、裏紙の活用は必ずしもダメということではありません。
下記の内容に気を付けてコピーの使用してください

・紙をよくさばく
新品の用紙とは異なり、たくさんの面が空気や機器に触れ、
温度や湿度など環境変化の影響を受けています。
なので用紙をセットする前に紙束をよくさばいてからセットしましょう。
(紙が傷まないようにさばき、きれいに端をそろえてからセットする等)

したコピー機を使用する
高速機になればなるほど、裏紙を使うときの紙詰まり発生確率が大きくなるので
低速で印刷を行う機器を使用するとよい
表面の内容に注意
機密情報が含まれていないこと、お客さまに提示・提供する内容ではないことの
確認を忘れないようにする

~裏紙使用の際は以上の内容に気を付けて使用しましょう!~







————————————————————————–




フルカラー定額制レンタルプリンタースリホ




〒169-0072




東京都新宿区大久保2-5-23新宿辻ビル10階




TEL0120-951-536/FAX03-5961-3035




————————————————————————–

 

電話でのご相談はこちら

0120-951-536

営業時間10:00〜18:00(土日祝日除く)

ページトップ